052-899-3050

24時間受付 WEB予約

お急ぎの方はお電話でご予約ください

お口の中のあらゆる疾患、
トラブルに丁寧に対応します

歯科口腔外科は、口腔(口の中)や顎(あご)、顔面に現れる病気の治療を行います。こじまデンタルクリニックでは、当院長の大学病院での口腔外科勤務経験を活かした専門性の高い治療をご提供します。新規の患者様だけでなく他院からの紹介も数多く受け入れております。

親知らず

親知らずは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯で、前歯から数えて8本目の歯のことをいいます。一般的には20歳前後に生えてくることが多く、個人差があり生えてこない人もいます。斜めに生えたり、歯ぐきに埋まったりするなど、歯並びに悪影響を及ぼしたり、炎症や痛みがでたりする場合には抜歯が必要です。
大学病院の口腔外科出身で抜歯を得意とする院長が親知らずの治療を行うため、難症例の抜歯にも対応可能です。大学病院を紹介されるような抜歯が困難なケースでもお任せいただけます。
「痛くなかった」「短時間で抜いてもらえた」と、患者さまからも喜びのお声をいただいております。

顎関節症

顎関節症は、顎の関節を構成する骨、筋肉、靭帯といった構造のバランスがくずれることで生じます。「顎が痛い」「口が開きにくい」「顎を動かすと音がする」「ものが噛みにくい」といった症状が現れます。さらに症状は顎ばかりでなく、肩こり、腕や指のしびれ、偏頭痛、耳や鼻にも不快感を覚えることもあります。このように症状は広範囲にわたり、人によっては軽い症状から重い症状まで、個人差が大きいのが特徴です。
顎関節症の多くは適切な対処で、日常生活に支障をきたすことがない状態にもっていけるものです。重い症状の場合、ほうっておくと、進行してあごの機能が完全に破壊されてしまうこともまれにあります。症状があれば早めの診察をお勧めします。

口腔乾燥症(ドライマウス)

ドライマウスとは、さまざまな原因により主に唾液の分泌量が少なくなり、お口の中が乾燥状態となることです。唾液量が少なくなると口腔内に細菌が繁殖しやすくなり口臭の原因ともなります。
当院では、唾液量検査を含めた検査を行い、原因に応じた治療、口腔の乾燥状態の緩和を目的とした口腔ケアを行っております。

舌痛症

中高年の女性に発症しやすく、舌に炎症や潰瘍などの明らかな病変がないにもかかわらず、慢性的なピリピリ・チリチリ・ザラザラ・ネバネバなどの痛みや違和感が出る症状です。
ストレスを感じている時に痛みを感じやすいと言われていますが、具体的な原因が解明されておらず、治療法が確立されていません。痛みのストレスや悪い病気じゃないかという心配から、さらに病状が悪くなるといった悪循環になりますので、一度診察にお越しください。必要に応じて抗うつ剤などの薬物療法もご提案します。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が頻繁に停止してしまう睡眠障害のことです。睡眠時無呼吸症候群になると、大きないびきをかくだけでなく、放置していると体の健康に大きく影響を及ぼすことがあり、命を縮めてしまうこともあると言われています。
当院では、マウスピース療法に対応しております。内科の医師の紹介状があれば保険適用にもなります。

粘膜疾患

口内炎をはじめとする口腔内の粘膜に発生する病気を総称して粘膜疾患といいます。 粘膜の疾患は局所的なものから、全身疾患の部分症状として生じるもの、アレルギーに起因するもの、また、良性のものだけでなく悪性腫瘍(癌)の場合もあり、非常に多くの病変があります。必要に応じて血液検査やアレルギー検査を行い診断します。
病気の早期発見のため、異常を感じたら早めに受診して治療を受けましょう。

嚢胞(のうほう)・腫瘍(しゅよう)

嚢胞とは、むし歯などで歯の神経がだめになってしまった場合、歯根の先に出来る膿の袋です。歯内療法(歯の神経の治療)で治らない場合が多く、歯肉を開いて膿の袋を出してあげます。
良性腫瘍に関してはメスや電気メス、レーザーなどで切除します。悪性化の可能性のあるもの、悪性と思われるものに関しては、迅速に近隣の大学病院や大きい病院へ紹介させていただき、できる限り早期発見・早期治療につなげます。

外傷

転倒や事故などの外傷により、歯がグラグラする(亜脱臼)、抜け落ちてしまう(脱臼)、歯肉の中に入ってしまう(嵌入)ことがあります。正しい位置に戻し固定します。受傷後早期の治療が大切です。

インプラント

インプラントは、歯の抜けた部分の骨にチタン製のネジのようなものを埋め込み、その上に人工歯を作る治療法です。入れ歯などと比べ噛みやすく、ご自身の歯のように使うことができます。

Copyright © 2021 KOJIMA DENTAL CLINIC All rights reserved.

教えて!こじま先生 歯と口の相談室